万葉集3441番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3441番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3441番について

歌番号

3441番

原文

麻等保久能|久毛為尓見由流|伊毛我敝尓|伊都可伊多良武|安由賣安我古麻

訓読

ま遠くの雲居に見ゆる妹が家にいつか至らむ歩め我が駒

かな読み

まとほくの|くもゐにみゆる|いもがへに|いつかいたらむ|あゆめあがこま

カタカナ読み

マトホクノ|クモヰニミユル|イモガヘニ|イツカイタラム|アユメアガコマ

ローマ字読み|大文字

MATOHOKUNO|KUMOINIMIYURU|IMOGAHENI|ITSUKAITARAMU|AYUMEAGAKOMA

ローマ字読み|小文字

matohokuno|kumoinimiyuru|imogaheni|itsukaitaramu|ayumeagakoma

左注|左註

柿本朝臣人麻呂歌集曰|等保久之弖|又曰|安由賣久路古<麻>

事項|分類・ジャンル

東歌|雑歌|異伝|羈旅|恋情|望郷

校異

麿->麻【元】【類】【紀】

寛永版本

まとほくの[寛],
くもゐにみゆる[寛],
いもがへに,[寛]いもかへに,
いつかいたらむ[寛],
あゆめあがこま,[寛]あゆめあかこま,

巻数

第14巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました