万葉集3473番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3473番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3473番について

歌番号

3473番

原文

左努夜麻尓|宇都也乎能登乃|等抱可騰母|祢毛等可兒呂賀|於<母>尓美要都留

訓読

左努山に打つや斧音の遠かども寝もとか子ろが面に見えつる

かな読み

さのやまに|うつやをのとの|とほかども|ねもとかころが|おもにみえつる

カタカナ読み

サノヤマニ|ウツヤヲノトノ|トホカドモ|ネモトカコロガ|オモニミエツル

ローマ字読み|大文字

SANOYAMANI|UTSUYAONOTONO|TOHOKADOMO|NEMOTOKAKOROGA|OMONIMIETSURU

ローマ字読み|小文字

sanoyamani|utsuyaonotono|tohokadomo|nemotokakoroga|omonimietsuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|地名|群馬県|高崎市|栃木県|佐野市|羈旅|恋情|序詞

校異

由->母【万葉考】

寛永版本

さのやまに[寛],
うつやをのとの[寛],
とほかども,[寛]とほかとも,
ねもとかころが,[寛]ねもとかころか,
おもにみえつる,[寛]おゆにみえつる,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました