万葉集3384番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3384番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3384番について

歌番号

3384番

原文

可都思加能|麻末能手兒奈乎|麻許登可聞|和礼尓余須等布|麻末乃弖胡奈乎

訓読

葛飾の真間の手児名をまことかも我れに寄すとふ真間の手児名を

かな読み

かづしかの|ままのてごなを|まことかも|われによすとふ|ままのてごなを

カタカナ読み

カヅシカノ|ママノテゴナヲ|マコトカモ|ワレニヨストフ|ママノテゴナヲ

ローマ字読み|大文字

KAZUSHIKANO|MAMANOTEGONAO|MAKOTOKAMO|WARENIYOSUTOFU|MAMANOTEGONAO

ローマ字読み|小文字

kazushikano|mamanotegonao|makotokamo|wareniyosutofu|mamanotegonao

左注|左註

右四首下総國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|千葉県|地名|伝説|恋愛|民謡|歌謡

校異

特に無し

寛永版本

かづしかの,[寛]かつしかの,
ままのてごなを,[寛]ままのてこなを,
まことかも[寛],
われによすとふ[寛],
ままのてごなを,[寛]ままのてこなを,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました