万葉集3386番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3386番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3386番について

歌番号

3386番

原文

尓保杼里能|可豆思加和世乎|尓倍須登毛|曽能可奈之伎乎|刀尓多弖米也母

訓読

にほ鳥の葛飾早稲をにへすともその愛しきを外に立てめやも

かな読み

にほどりの|かづしかわせを|にへすとも|そのかなしきを|とにたてめやも

カタカナ読み

ニホドリノ|カヅシカワセヲ|ニヘストモ|ソノカナシキヲ|トニタテメヤモ

ローマ字読み|大文字

NIHODORINO|KAZUSHIKAWASEO|NIHESUTOMO|SONOKANASHIKIO|TONITATEMEYAMO

ローマ字読み|小文字

nihodorino|kazushikawaseo|nihesutomo|sonokanashikio|tonitatemeyamo

左注|左註

右四首下総國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|千葉県|地名|葛飾|新嘗|祭り|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

にほどりの,[寛]にほとりの,
かづしかわせを,[寛]かつしかわせを,
にへすとも[寛],
そのかなしきを[寛],
とにたてめやも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました