万葉集3408番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3408番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3408番について

歌番号

3408番

原文

尓比多夜麻|祢尓波都可奈那|和尓余曽利|波之奈流兒良師|安夜尓可奈思<母>

訓読

新田山嶺にはつかなな我に寄そりはしなる子らしあやに愛しも

かな読み

にひたやま|ねにはつかなな|わによそり|はしなるこらし|あやにかなしも

カタカナ読み

ニヒタヤマ|ネニハツカナナ|ワニヨソリ|ハシナルコラシ|アヤニカナシモ

ローマ字読み|大文字

NIHITAYAMA|NENIHATSUKANANA|WANIYOSORI|HASHINARUKORASHI|AYANIKANASHIMO

ローマ字読み|小文字

nihitayama|nenihatsukanana|waniyosori|hashinarukorashi|ayanikanashimo

左注|左註

右廿二首上野國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|群馬県|地名|太田市|金山|尫柜蹋|恋情

校異

毛->母【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

にひたやま[寛],
ねにはつかなな[寛],
わによそり[寛],
はしなるこらし[寛],
あやにかなしも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました