万葉集3428番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3428番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3428番について

歌番号

3428番

原文

安太多良乃|祢尓布須思之能|安里都々毛|安礼波伊多良牟|祢度奈佐利曽祢

訓読

安達太良の嶺に伏す鹿猪のありつつも我れは至らむ寝処な去りそね

かな読み

あだたらの|ねにふすししの|ありつつも|あれはいたらむ|ねどなさりそね

カタカナ読み

アダタラノ|ネニフスシシノ|アリツツモ|アレハイタラム|ネドナサリソネ

ローマ字読み|大文字

ADATARANO|NENIFUSUSHISHINO|ARITSUTSUMO|AREHAITARAMU|NEDONASARISONE

ローマ字読み|小文字

adatarano|nenifusushishino|aritsutsumo|arehaitaramu|nedonasarisone

左注|左註

右三首陸奥國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|福島県|東北地方|地名|二本松市|安達太良山|動物|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あだたらの,[寛]あたたらの,
ねにふすししの[寛],
ありつつも[寛],
あれはいたらむ[寛],
ねどなさりそね,[寛]ねとなさりそね,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました