万葉集2952番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2952番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2952番について

歌番号

2952番

原文

吾<齡>之|衰去者|白細布之|袖乃<狎>尓思|君乎母准其念

訓読

我が命の衰へぬれば白栲の袖のなれにし君をしぞ思ふ

かな読み

わがいのちの|おとろへぬれば|しろたへの|そでのなれにし|きみをしぞおもふ

カタカナ読み

ワガイノチノ|オトロヘヌレバ|シロタヘノ|ソデノナレニシ|キミヲシゾオモフ

ローマ字読み|大文字

WAGAINOCHINO|OTOROHENUREBA|SHIROTAHENO|SODENONARENISHI|KIMIOSHIZOMOFU

ローマ字読み|小文字

wagainochino|otorohenureba|shirotaheno|sodenonarenishi|kimioshizomofu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情|女歌

校異

歯->齡【紀】【細】【温】【矢】|押->狎【細】【矢】【京】

寛永版本

わがいのちの,[寛]わかよはひ,
おとろへぬれば,[寛]おとろへゆけは,
しろたへの[寛],
そでのなれにし,[寛]そてのなれにし,
きみをしぞおもふ,[寛]きみをしそおもふ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました