万葉集3127番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3127番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3127番について

歌番号

3127番

原文

度會|大川邊|若歴木|吾久在者|妹戀鴨

訓読

度会の大川の辺の若久木我が久ならば妹恋ひむかも

かな読み

わたらひの|おほかはのへの|わかひさぎ|わがひさならば|いもこひむかも

カタカナ読み

ワタラヒノ|オホカハノヘノ|ワカヒサギ|ワガヒサナラバ|イモコヒムカモ

ローマ字読み|大文字

WATARAHINO|OHOKAHANOHENO|WAKAHISAGI|WAGAHISANARABA|IMOKOHIMUKAMO

ローマ字読み|小文字

watarahino|ohokahanoheno|wakahisagi|wagahisanaraba|imokohimukamo

左注|左註

右四首柿本朝臣人麻呂歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|地名|三重県|伊勢|植物|序詞|恋愛|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

わたらひの[寛],
おほかはのへの[寛],
わかひさぎ,[寛]わかくぬき,
わがひさならば,[寛]われひさにあらは,
いもこひむかも[寛],

巻数

第12巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました