万葉集2962番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2962番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2962番について

歌番号

2962番

原文

白<細>之|袖不數而<宿>|烏玉之|今夜者<早毛>|明<者>将開

訓読

白栲の袖離れて寝るぬばたまの今夜は早も明けば明けなむ

かな読み

しろたへの|そでかれてぬる|ぬばたまの|こよひははやも|あけばあけなむ

カタカナ読み

シロタヘノ|ソデカレテヌル|ヌバタマノ|コヨヒハハヤモ|アケバアケナム

ローマ字読み|大文字

SHIROTAHENO|SODEKARETENURU|NUBATAMANO|KOYOHIHAHAYAMO|AKEBAAKENAMU

ローマ字読み|小文字

shirotaheno|sodekaretenuru|nubatamano|koyohihahayamo|akebaakenamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情

校異

妙->細【元】【紀】【細】【温】|->宿【細】|不寝->早毛【西(訂正左書)】【元】【紀】【細】|->者【元】【細】

寛永版本

しろたへの[寛],
そでかれてぬる,[寛]そてかへすして,
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
こよひははやも[寛],
あけばあけなむ,[寛]あけはあけなむ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました