万葉集3209番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3209番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3209番について

歌番号

3209番

原文

春日在|三笠乃山尓|居雲乎|出見毎|君乎之曽念

訓読

春日なる御笠の山に居る雲を出で見るごとに君をしぞ思ふ

かな読み

かすがなる|みかさのやまに|ゐるくもを|いでみるごとに|きみをしぞおもふ

カタカナ読み

カスガナル|ミカサノヤマニ|ヰルクモヲ|イデミルゴトニ|キミヲシゾオモフ

ローマ字読み|大文字

KASUGANARU|MIKASANOYAMANI|IRUKUMO|IDEMIRUGOTONI|KIMIOSHIZOMOFU

ローマ字読み|小文字

kasuganaru|mikasanoyamani|irukumo|idemirugotoni|kimioshizomofu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|奈良|恋情|羈旅|女歌

校異

特に無し

寛永版本

かすがなる,[寛]かすかなる,
みかさのやまに[寛],
ゐるくもを[寛],
いでみるごとに,[寛]いてみることに,
きみをしぞおもふ,[寛]きみをしそおもふ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました