万葉集3193番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3193番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3193番について

歌番号

3193番

原文

玉勝間|嶋熊山之|夕晩|獨可君之|山道将越|[一云|暮霧尓|長戀為乍|寐不勝可母]

訓読

玉かつま島熊山の夕暮れにひとりか君が山道越ゆらむ|[一云|夕霧に長恋しつつ寐ねかてぬかも]

かな読み

たまかつま|しまくまやまの|ゆふぐれに|ひとりかきみが|やまぢこゆらむ|[ゆふぎりに|ながこひしつつ|いねかてぬかも]

カタカナ読み

タマカツマ|シマクマヤマノ|ユフグレニ|ヒトリカキミガ|ヤマヂコユラム|[ユフギリニ|ナガコヒシツツ|イネカテヌカモ]

ローマ字読み|大文字

TAMAKATSUMA|SHIMAKUMAYAMANO|YUFUGURENI|HITORIKAKIMIGA|YAMAJIKOYURAMU|[YUFUGIRINI|NAGAKOHISHITSUTSU|INEKATENUKAMO]

ローマ字読み|小文字

tamakatsuma|shimakumayamano|yufugureni|hitorikakimiga|yamajikoyuramu|[yufugirini|nagakohishitsutsu|inekatenukamo]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

異伝|地名|羈旅|女歌|恋情

校異

特に無し

寛永版本

たまかつま[寛],
しまくまやまの[寛],
ゆふぐれに,[寛]ゆふくれに,
ひとりかきみが,[寛]ひとりかきみか,
やまぢこゆらむ,[寛]やまちこゆらむ,
[ゆふぎりに,[寛]ゆふきりに,
ながこひしつつ,[寛]なかこひしつつ,
いねかてぬかも][寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました