万葉集3187番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3187番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3187番について

歌番号

3187番

原文

<立>名付|青垣山之|隔者|數君乎|言不<問>可聞

訓読

たたなづく青垣山の隔なりなばしばしば君を言問はじかも

かな読み

たたなづく|あをかきやまの|へなりなば|しばしばきみを|こととはじかも

カタカナ読み

タタナヅク|アヲカキヤマノ|ヘナリナバ|シバシバキミヲ|コトトハジカモ

ローマ字読み|大文字

TATANAZUKU|AOKAKIYAMANO|HENARINABA|SHIBASHIBAKIMIO|KOTOTOHAJIKAMO

ローマ字読み|小文字

tatanazuku|aokakiyamano|henarinaba|shibashibakimio|kototohajikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

別離|恋情

校異

田立->立【西(訂正貼紙】【元】【紀】【温】|同->問【元】【類】【紀】

寛永版本

たたなづく,[寛]たたなつく,
あをかきやまの[寛],
へなりなば,[寛]へたつれは,
しばしばきみを,[寛]しはしはきみを,
こととはじかも,[寛]こととはぬかも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました