万葉集3215番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3215番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3215番について

歌番号

3215番

原文

白妙乃|袖之別乎|難見為而|荒津之濱|屋取為鴨

訓読

白栲の袖の別れを難みして荒津の浜に宿りするかも

かな読み

しろたへの|そでのわかれを|かたみして|あらつのはまに|やどりするかも

カタカナ読み

シロタヘノ|ソデノワカレヲ|カタミシテ|アラツノハマニ|ヤドリスルカモ

ローマ字読み|大文字

SHIROTAHENO|SODENOWAKAREO|KATAMISHITE|ARATSUNOHAMANI|YADORISURUKAMO

ローマ字読み|小文字

shirotaheno|sodenowakareo|katamishite|aratsunohamani|yadorisurukamo

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

地名|福岡|出発|惜別|羈旅|恋情

校異

特に無し

寛永版本

しろたへの[寛],
そでのわかれを,[寛]そてのわかれを,
かたみして[寛],
あらつのはまに[寛],
やどりするかも,[寛]やとりするかも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました