万葉集2899番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2899番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2899番について

歌番号

2899番

原文

中々二|黙然毛有申尾|小豆無|相見始而毛|吾者戀香

訓読

なかなかに黙もあらましをあづきなく相見そめても我れは恋ふるか

かな読み

なかなかに|もだもあらましを|あづきなく|あひみそめても|あれはこふるか

カタカナ読み

ナカナカニ|モダモアラマシヲ|アヅキナク|アヒミソメテモ|アレハコフルカ

ローマ字読み|大文字

NAKANAKANI|MODAMOARAMASHIO|AZUKINAKU|AHIMISOMETEMO|AREHAKOFURUKA

ローマ字読み|小文字

nakanakani|modamoaramashio|azukinaku|ahimisometemo|arehakofuruka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

なかなかに[寛],
もだもあらましを,[寛]もたもあらましを,
あづきなく,[寛]あちきなく,
あひみそめても[寛],
あれはこふるか,[寛]われはこふるか,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました