万葉集2863番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2863番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2863番について

歌番号

2863番

原文

淺葉野|立神古|菅根|惻隠誰故|吾不戀|[或本歌曰|誰葉野尓|立志奈比垂]

訓読

浅葉野に立ち神さぶる菅の根のねもころ誰がゆゑ我が恋ひなくに|[或本歌曰|誰が葉野に立ちしなひたる]

かな読み

あさはのに|たちかむさぶる|すがのねの|ねもころたがゆゑ|あがこひなくに|[たがはのに|たちしなひたる]

カタカナ読み

アサハノニ|タチカムサブル|スガノネノ|ネモコロタガユヱ|アガコヒナクニ|[タガハノニ|タチシナヒタル]

ローマ字読み|大文字

ASAHANONI|TACHIKAMUSABURU|SUGANONENO|NEMOKOROTAGAYUE|AGAKOHINAKUNI|[TAGAHANONI|TACHISHINAHITARU]

ローマ字読み|小文字

asahanoni|tachikamusaburu|suganoneno|nemokorotagayue|agakohinakuni|[tagahanoni|tachishinahitaru]

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|植物|序詞|恋情|異伝

校異

特に無し

寛永版本

あさはのに[寛],
たちかむさぶる,[寛]たつみわこすけ,
すがのねの,[寛]ねかくれて,
ねもころたがゆゑ,[寛]たれゆへにかは,
あがこひなくに,[寛]わかこひさらむ,
[たがはのに,[寛]たかはのに,
たちしなひたる][寛],

巻数

第12巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました