万葉集3079番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3079番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3079番について

歌番号

3079番

原文

海若之|奥津玉藻乃|靡将寐|早来座君|待者苦毛

訓読

わたつみの沖つ玉藻の靡き寝む早来ませ君待たば苦しも

かな読み

わたつみの|おきつたまもの|なびきねむ|はやきませきみ|またばくるしも

カタカナ読み

ワタツミノ|オキツタマモノ|ナビキネム|ハヤキマセキミ|マタバクルシモ

ローマ字読み|大文字

WATATSUMINO|OKITSUTAMAMONO|NABIKINEMU|HAYAKIMASEKIMI|MATABAKURUSHIMO

ローマ字読み|小文字

watatsumino|okitsutamamono|nabikinemu|hayakimasekimi|matabakurushimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|序詞|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

わたつみの[寛],
おきつたまもの[寛],
なびきねむ,[寛]なひきねむ,
はやきませきみ[寛],
またばくるしも,[寛]まてはくるしも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました