万葉集3097番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3097番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3097番について

歌番号

3097番

原文

左桧隈|<桧隈>河尓|駐馬|馬尓水令飲|吾外将見

訓読

さ桧隈桧隈川に馬留め馬に水飼へ我れ外に見む

かな読み

さひのくま|ひのくまかはに|うまとどめ|うまにみづかへ|われよそにみむ

カタカナ読み

サヒノクマ|ヒノクマカハニ|ウマトドメ|ウマニミヅカヘ|ワレヨソニミム

ローマ字読み|大文字

SAHINOKUMA|HINOKUMAKAHANI|UMATODOME|UMANIMIZUKAHE|WAREYOSONIMIMU

ローマ字読み|小文字

sahinokuma|hinokumakahani|umatodome|umanimizukahe|wareyosonimimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|明日香|奈良|動物|恋情|歌垣

校異

々々->桧隈【元】【類】【紀】

寛永版本

さひのくま[寛],
ひのくまかはに[寛],
うまとどめ,[寛]うまとめて,
うまにみづかへ,[寛]うまにみつかへ,
われよそにみむ[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました