万葉集3101番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3101番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3101番について

歌番号

3101番

原文

紫者|灰指物曽|海石榴市之|八十街尓|相兒哉誰

訓読

紫は灰さすものぞ海石榴市の八十の街に逢へる子や誰れ

かな読み

むらさきは|はひさすものぞ|つばいちの|やそのちまたに|あへるこやたれ

カタカナ読み

ムラサキハ|ハヒサスモノゾ|ツバイチノ|ヤソノチマタニ|アヘルコヤタレ

ローマ字読み|大文字

MURASAKIHA|HAHISASUMONOZO|TSUBAICHINO|YASONOCHIMATANI|AHERUKOYATARE

ローマ字読み|小文字

murasakiha|hahisasumonozo|tsubaichino|yasonochimatani|aherukoyatare

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

地名|奈良|桜井|歌垣|染色|問媿遄醎|求婚

校異

特に無し

寛永版本

むらさきは[寛],
はひさすものぞ,[寛]はひさすものそ,
つばいちの,[寛]つはいちの,
やそのちまたに[寛],
あへるこやたれ[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました