万葉集2995番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2995番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2995番について

歌番号

2995番

原文

相因之|出来左右者|疊薦|重編數|夢西将見

訓読

逢ふよしの出でくるまでは畳薦隔て編む数夢にし見えむ

かな読み

あふよしの|いでくるまでは|たたみこも|へだてあむかず|いめにしみえむ

カタカナ読み

アフヨシノ|イデクルマデハ|タタミコモ|ヘダテアムカズ|イメニシミエム

ローマ字読み|大文字

AFUYOSHINO|IDEKURUMADEHA|TATAMIKOMO|HEDATEAMUKAZU|IMENISHIMIEMU

ローマ字読み|小文字

afuyoshino|idekurumadeha|tatamikomo|hedateamukazu|imenishimiemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

比喩|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あふよしの[寛],
いでくるまでは,[寛]いてくるまては,
たたみこも[寛],
へだてあむかず,[寛]かさねあむかす,
いめにしみえむ,[寛]ゆめにしみえむ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました