万葉集3173番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3173番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3173番について

歌番号

3173番

原文

松浦舟|乱穿江之|水尾早|楫取間無|所念鴨

訓読

松浦舟騒く堀江の水脈早み楫取る間なく思ほゆるかも

かな読み

まつらぶね|さわくほりえの|みをはやみ|かぢとるまなく|おもほゆるかも

カタカナ読み

マツラブネ|サワクホリエノ|ミヲハヤミ|カヂトルマナク|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

MATSURABUNE|SAWAKUHORIENO|MIOHAYAMI|KAJITORUMANAKU|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

matsurabune|sawakuhorieno|miohayami|kajitorumanaku|omohoyurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|大阪|羈旅|望郷|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

まつらぶね,[寛]まつらふね,
さわくほりえの,[寛]みたれほりえの,
みをはやみ[寛],
かぢとるまなく,[寛]かちとるまなく,
おもほゆるかも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました