万葉集3091番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3091番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3091番について

歌番号

3091番

原文

鴨尚毛|己之妻共|求食為而|所遺間尓|戀云物乎

訓読

鴨すらもおのが妻どちあさりして後るる間に恋ふといふものを

かな読み

かもすらも|おのがつまどち|あさりして|おくるるあひだに|こふといふものを

カタカナ読み

カモスラモ|オノガツマドチ|アサリシテ|オクルルアヒダニ|コフトイフモノヲ

ローマ字読み|大文字

KAMOSURAMO|ONOGATSUMADOCHI|ASARISHITE|OKURURUAHIDANI|KOFUTOIFUMONO

ローマ字読み|小文字

kamosuramo|onogatsumadochi|asarishite|okururuahidani|kofutoifumono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

動物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

かもすらも[寛],
おのがつまどち,[寛]おのかつまとち,
あさりして[寛],
おくるるあひだに,[寛]おくるるほとに,
こふといふものを[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました