万葉集2919番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2919番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2919番について

歌番号

2919番

原文

二為而|結之紐乎|一為而|吾者解不見|直相及者

訓読

ふたりして結びし紐をひとりして我れは解きみじ直に逢ふまでは

かな読み

ふたりして|むすびしひもを|ひとりして|あれはときみじ|ただにあふまでは

カタカナ読み

フタリシテ|ムスビシヒモヲ|ヒトリシテ|アレハトキミジ|タダニアフマデハ

ローマ字読み|大文字

FUTARISHITE|MUSUBISHIHIMO|HITORISHITE|AREHATOKIMIJI|TADANIAFUMADEHA

ローマ字読み|小文字

futarishite|musubishihimo|hitorishite|arehatokimiji|tadaniafumadeha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

ふたりして[寛],
むすびしひもを,[寛]むすひしひもを,
ひとりして[寛],
あれはときみじ,[寛]われはときみし,
ただにあふまでは,[寛]たたにあふまては,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました