万葉集3172番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3172番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3172番について

歌番号

3172番

原文

浦廻榜|<熊>野舟附|目頬志久|懸不思|月毛日毛無

訓読

浦廻漕ぐ熊野舟つきめづらしく懸けて思はぬ月も日もなし

かな読み

うらみこぐ|くまのぶねつき|めづらしく|かけておもはぬ|つきもひもなし

カタカナ読み

ウラミコグ|クマノブネツキ|メヅラシク|カケテオモハヌ|ツキモヒモナシ

ローマ字読み|大文字

URAMIKOGU|KUMANOBUNETSUKI|MEZURASHIKU|KAKETEOMOHANU|TSUKIMOHIMONASHI

ローマ字読み|小文字

uramikogu|kumanobunetsuki|mezurashiku|kaketeomohanu|tsukimohimonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

序詞|羈旅|恋情|望郷

校異

能->熊【代匠記初校本】

寛永版本

うらみこぐ,[寛]うらわこく,
くまのぶねつき,[寛]よしのふなつき,
めづらしく,[寛][寛]めつらしく,
かけておもはぬ[寛],
つきもひもなし[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました