万葉集2945番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2945番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2945番について

歌番号

2945番

原文

玉<梓>之|君之使乎|待之夜乃|名凝其今毛|不宿夜乃大寸

訓読

玉梓の君が使を待ちし夜のなごりぞ今も寐ねぬ夜の多き

かな読み

たまづさの|きみがつかひを|まちしよの|なごりぞいまも|いねぬよのおほき

カタカナ読み

タマヅサノ|キミガツカヒヲ|マチシヨノ|ナゴリゾイマモ|イネヌヨノオホキ

ローマ字読み|大文字

TAMAZUSANO|KIMIGATSUKAHIO|MACHISHIYONO|NAGORIZOIMAMO|INENUYONOHOKI

ローマ字読み|小文字

tamazusano|kimigatsukahio|machishiyono|nagorizoimamo|inenuyonohoki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情|女歌

校異

桙->梓【西(左書)】【元】【紀】【細】【温】

寛永版本

たまづさの,[寛]たまつさの,
きみがつかひを,[寛]きみかつかひを,
まちしよの[寛],
なごりぞいまも,[寛]なこりそいまも,
いねぬよのおほき[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました