万葉集3067番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3067番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3067番について

歌番号

3067番

原文

谷迫|峯邊延有|玉葛|令蔓之<有>者|年二不来友|[一云|石葛|令蔓之有者]

訓読

谷狭み嶺辺に延へる玉葛延へてしあらば年に来ずとも|[一云|岩つなの延へてしあらば]

かな読み

たにせまみ|みねへにはへる|たまかづら|はへてしあらば|としにこずとも|[いはつなの|はへてしあらば]

カタカナ読み

タニセマミ|ミネヘニハヘル|タマカヅラ|ハヘテシアラバ|トシニコズトモ|[イハツナノ|ハヘテシアラバ]

ローマ字読み|大文字

TANISEMAMI|MINEHENIHAHERU|TAMAKAZURA|HAHETESHIARABA|TOSHINIKOZUTOMO|[IHATSUNANO|HAHETESHIARABA]

ローマ字読み|小文字

tanisemami|minehenihaheru|tamakazura|haheteshiaraba|toshinikozutomo|[ihatsunano|haheteshiaraba]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

異伝|植物|序詞|恋情

校異

->有【元】【類】【紀】

寛永版本

たにせまみ,[寛]たにせはみ,
みねへにはへる[寛],
たまかづら,[寛]たまかつら,
はへてしあらば,[寛]はへてしあらは,
としにこずとも,[寛]としにこすとも,
[いはつなの,[寛]いはつたの,
はへてしあらば],[寛]はへてしあらは,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました