万葉集3130番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3130番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3130番について

歌番号

3130番

原文

豊洲|聞濱松|心<哀>|何妹|相云始

訓読

豊国の企救の浜松ねもころに何しか妹に相言ひそめけむ

かな読み

とよくにの|きくのはままつ|ねもころに|なにしかいもに|あひいひそめけむ

カタカナ読み

トヨクニノ|キクノハママツ|ネモコロニ|ナニシカイモニ|アヒイヒソメケム

ローマ字読み|大文字

TOYOKUNINO|KIKUNOHAMAMATSU|NEMOKORONI|NANISHIKAIMONI|AHIIHISOMEKEMU

ローマ字読み|小文字

toyokunino|kikunohamamatsu|nemokoroni|nanishikaimoni|ahiihisomekemu

左注|左註

右四首柿本朝臣人麻呂歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|福岡|北九州市|地名|序詞|恋情|羈旅

校異

裳->哀【元】【類】

寛永版本

とよくにの[寛],
きくのはままつ[寛],
ねもころに,[寛]こころにも,
なにしかいもに,[寛]なにとていもか,
あひいひそめけむ,[寛]あひしそめけむ,

巻数

第12巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました