万葉集3009番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3009番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3009番について

歌番号

3009番

原文

橡之|衣解洗|又打山|古人尓者|猶不如家利

訓読

橡の衣解き洗ひ真土山本つ人にはなほしかずけり

かな読み

つるはみの|きぬときあらひ|まつちやま|もとつひとには|なほしかずけり

カタカナ読み

ツルハミノ|キヌトキアラヒ|マツチヤマ|モトツヒトニハ|ナホシカズケリ

ローマ字読み|大文字

TSURUHAMINO|KINUTOKIARAHI|MATSUCHIYAMA|MOTOTSUHITONIHA|NAHOSHIKAZUKERI

ローマ字読み|小文字

tsuruhamino|kinutokiarahi|matsuchiyama|mototsuhitoniha|nahoshikazukeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|植物|地名|和歌山|序詞|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

つるはみの[寛],
きぬときあらひ[寛],
まつちやま[寛],
もとつひとには[寛],
なほしかずけり,[寛]なほしかすけり,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました