万葉集3136番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3136番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3136番について

歌番号

3136番

原文

客在而|戀者辛苦|何時毛|京行而|君之目乎将見

訓読

旅にありて恋ふれば苦しいつしかも都に行きて君が目を見む

かな読み

たびにありて|こふればくるし|いつしかも|みやこにゆきて|きみがめをみむ

カタカナ読み

タビニアリテ|コフレバクルシ|イツシカモ|ミヤコニユキテ|キミガメヲミム

ローマ字読み|大文字

TABINIARITE|KOFUREBAKURUSHI|ITSUSHIKAMO|MIYAKONIYUKITE|KIMIGAMEOMIMU

ローマ字読み|小文字

tabiniarite|kofurebakurushi|itsushikamo|miyakoniyukite|kimigameomimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

羈旅|恋情|望郷

校異

特に無し

寛永版本

たびにありて,[寛]たひにありて,
こふればくるし,[寛]こふれはくるし,
いつしかも[寛],
みやこにゆきて[寛],
きみがめをみむ,[寛]きみかめをみむ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました