万葉集3093番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3093番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3093番について

歌番号

3093番

原文

小竹之上尓|来居而鳴<鳥>|目乎安見|人妻姤尓|吾戀二来

訓読

小竹の上に来居て鳴く鳥目を安み人妻ゆゑに我れ恋ひにけり

かな読み

しののうへに|きゐてなくとり|めをやすみ|ひとづまゆゑに|あれこひにけり

カタカナ読み

シノノウヘニ|キヰテナクトリ|メヲヤスミ|ヒトヅマユヱニ|アレコヒニケリ

ローマ字読み|大文字

SHINONOHENI|KIITENAKUTORI|MEOYASUMI|HITOZUMAYUENI|AREKOHINIKERI

ローマ字読み|小文字

shinonoheni|kiitenakutori|meoyasumi|hitozumayueni|arekohinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|序詞|恋情

校異

->鳥【西(左書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

しののうへに,[寛]ささのうへに,
きゐてなくとり[寛],
めをやすみ[寛],
ひとづまゆゑに,[寛]ひとつまゆゑに,
あれこひにけり,[寛]われこひにけり,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました