万葉集3024番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3024番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3024番について

歌番号

3024番

原文

妹目乎|見巻欲江之|小浪|敷而戀乍|有跡告乞

訓読

妹が目を見まく堀江のさざれ波しきて恋ひつつありと告げこそ

かな読み

いもがめを|みまくほりえの|さざれなみ|しきてこひつつ|ありとつげこそ

カタカナ読み

イモガメヲ|ミマクホリエノ|サザレナミ|シキテコヒツツ|アリトツゲコソ

ローマ字読み|大文字

IMOGAMEO|MIMAKUHORIENO|SAZARENAMI|SHIKITEKOHITSUTSU|ARITOTSUGEKOSO

ローマ字読み|小文字

imogameo|mimakuhorieno|sazarenami|shikitekohitsutsu|aritotsugekoso

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|大阪|掛詞|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

いもがめを,[寛]いもかめを,
みまくほりえの[寛],
さざれなみ,[寛]ささらなみ,
しきてこひつつ[寛],
ありとつげこそ,[寛]ありとつけこそ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました