万葉集2921番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2921番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2921番について

歌番号

2921番

原文

幼婦者|同情|須臾|止時毛無久|将見等曽念

訓読

たわや女は同じ心にしましくもやむ時もなく見てむとぞ思ふ

かな読み

たわやめは|おやじこころに|しましくも|やむときもなく|みてむとぞおもふ

カタカナ読み

タワヤメハ|オヤジココロニ|シマシクモ|ヤムトキモナク|ミテムトゾオモフ

ローマ字読み|大文字

TAWAYAMEHA|OYAJIKOKORONI|SHIMASHIKUMO|YAMUTOKIMONAKU|MITEMUTOZOMOFU

ローマ字読み|小文字

tawayameha|oyajikokoroni|shimashikumo|yamutokimonaku|mitemutozomofu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

たわやめは,[寛]をとめこは,
おやじこころに,[寛]おなしこころに,
しましくも,[寛]しはらくも,
やむときもなく[寛],
みてむとぞおもふ,[寛]みなむとそおもふ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました