万葉集2898番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2898番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2898番について

歌番号

2898番

原文

獨居而|戀者辛苦|玉手次|不懸将忘|言量欲

訓読

ひとり居て恋ふるは苦し玉たすき懸けず忘れむ事計りもが

かな読み

ひとりゐて|こふるはくるし|たまたすき|かけずわすれむ|ことはかりもが

カタカナ読み

ヒトリヰテ|コフルハクルシ|タマタスキ|カケズワスレム|コトハカリモガ

ローマ字読み|大文字

HITORIITE|KOFURUHAKURUSHI|TAMATASUKI|KAKEZUWASUREMU|KOTOHAKARIMOGA

ローマ字読み|小文字

hitoriite|kofuruhakurushi|tamatasuki|kakezuwasuremu|kotohakarimoga

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ひとりゐて[寛],
こふるはくるし[寛],
たまたすき[寛],
かけずわすれむ,[寛]かけてわすれむ,
ことはかりもが,[寛]ことはかりせよ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました