万葉集3111番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3111番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3111番について

歌番号

3111番

原文

為便毛無|片戀乎為登|比日尓|吾可死者|夢所見哉

訓読

すべもなき片恋をすとこの頃に我が死ぬべきは夢に見えきや

かな読み

すべもなき|かたこひをすと|このころに|わがしぬべきは|いめにみえきや

カタカナ読み

スベモナキ|カタコヒヲスト|コノコロニ|ワガシヌベキハ|イメニミエキヤ

ローマ字読み|大文字

SUBEMONAKI|KATAKOHIOSUTO|KONOKORONI|WAGASHINUBEKIHA|IMENIMIEKIYA

ローマ字読み|小文字

subemonaki|katakohiosuto|konokoroni|wagashinubekiha|imenimiekiya

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

すべもなき,[寛]すへもなく,
かたこひをすと[寛],
このころに[寛],
わがしぬべきは,[寛]わかしぬへきは,
いめにみえきや,[寛]ゆめにみえきや,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました