万葉集3138番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3138番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3138番について

歌番号

3138番

原文

年毛不歴|反来甞跡|朝影尓|将待妹之|面影所見

訓読

年も経ず帰り来なむと朝影に待つらむ妹し面影に見ゆ

かな読み

としもへず|かへりこなむと|あさかげに|まつらむいもし|おもかげにみゆ

カタカナ読み

トシモヘズ|カヘリコナムト|アサカゲニ|マツラムイモシ|オモカゲニミユ

ローマ字読み|大文字

TOSHIMOHEZU|KAHERIKONAMUTO|ASAKAGENI|MATSURAMUIMOSHI|OMOKAGENIMIYU

ローマ字読み|小文字

toshimohezu|kaherikonamuto|asakageni|matsuramuimoshi|omokagenimiyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

羈旅|恋情|望郷

校異

特に無し

寛永版本

としもへず,[寛]としもへす,
かへりこなむと,[寛]かへりきなめと,
あさかげに,[寛]あさかけに,
まつらむいもし,[寛]まつらむいもか,
おもかげにみゆ,[寛]おもかけにみけむ,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました