万葉集3113番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3113番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3113番について

歌番号

3113番

原文

在有而|後毛将相登|言耳乎|堅要管|相者無尓

訓読

ありありて後も逢はむと言のみを堅く言ひつつ逢ふとはなしに

かな読み

ありありて|のちもあはむと|ことのみを|かたくいひつつ|あふとはなしに

カタカナ読み

アリアリテ|ノチモアハムト|コトノミヲ|カタクイヒツツ|アフトハナシニ

ローマ字読み|大文字

ARIARITE|NOCHIMOAHAMUTO|KOTONOMIO|KATAKUIHITSUTSU|AFUTOHANASHINI

ローマ字読み|小文字

ariarite|nochimoahamuto|kotonomio|katakuihitsutsu|afutohanashini

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

怨恨|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ありありて[寛],
のちもあはむと[寛],
ことのみを,[寛]いふのみを,
かたくいひつつ,[寛]かたみにしつつ,
あふとはなしに[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました