万葉集3148番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3148番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3148番について

歌番号

3148番

原文

玉釼|巻寝志妹乎|月毛不經|置而八将越|此山岫

訓読

玉釧まき寝し妹を月も経ず置きてや越えむこの山の崎

かな読み

たまくしろ|まきねしいもを|つきもへず|おきてやこえむ|このやまのさき

カタカナ読み

タマクシロ|マキネシイモヲ|ツキモヘズ|オキテヤコエム|コノヤマノサキ

ローマ字読み|大文字

TAMAKUSHIRO|MAKINESHIIMO|TSUKIMOHEZU|OKITEYAKOEMU|KONOYAMANOSAKI

ローマ字読み|小文字

tamakushiro|makineshiimo|tsukimohezu|okiteyakoemu|konoyamanosaki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|羈旅|恋情|望郷|臨場表現

校異

特に無し

寛永版本

たまくしろ,[寛]たまつるき,
まきねしいもを[寛],
つきもへず,[寛]よもつかす,
おきてやこえむ[寛],
このやまのさき,[寛]このやまのくき,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました