万葉集2959番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2959番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2959番について

歌番号

2959番

原文

現者|言絶有|夢谷|嗣而所見与|直相左右二

訓読

うつつには言も絶えたり夢にだに継ぎて見えこそ直に逢ふまでに

かな読み

うつつには|こともたえたり|いめにだに|つぎてみえこそ|ただにあふまでに

カタカナ読み

ウツツニハ|コトモタエタリ|イメニダニ|ツギテミエコソ|タダニアフマデニ

ローマ字読み|大文字

UTSUTSUNIHA|KOTOMOTAETARI|IMENIDANI|TSUGITEMIEKOSO|TADANIAFUMADENI

ローマ字読み|小文字

utsutsuniha|kotomotaetari|imenidani|tsugitemiekoso|tadaniafumadeni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

特に無し

寛永版本

うつつには[寛],
こともたえたり,[寛]ことたえたれや,
いめにだに,[寛]ゆめにたに,
つぎてみえこそ,[寛]つきてもみえよ,
ただにあふまでに,[寛]たたにあふまてに,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました