万葉集2845番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2845番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2845番について

歌番号

2845番

原文

<忘>哉|語|意遣|雖過不過|猶戀

訓読

忘るやと物語りして心遣り過ぐせど過ぎずなほ恋ひにけり

かな読み

わするやと|ものがたりして|こころやり|すぐせどすぎず|なほこひにけり

カタカナ読み

ワスルヤト|モノガタリシテ|ココロヤリ|スグセドスギズ|ナホコヒニケリ

ローマ字読み|大文字

WASURUYATO|MONOGATARISHITE|KOKOROYARI|SUGUSEDOSUGIZU|NAHOKOHINIKERI

ローマ字読み|小文字

wasuruyato|monogatarishite|kokoroyari|sugusedosugizu|nahokohinikeri

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|恋情

校異

忌->忘【細】【温】【矢】【京】

寛永版本

わするやと,[寛]わすれめや,
ものがたりして,[寛]ものかたりして,
こころやり[寛],
すぐせどすぎず,[寛]すくれとすきす,
なほこひにけり,[寛]なをこひしくて,

巻数

第12巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました