万葉集2857番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2857番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2857番について

歌番号

2857番

原文

菅根之|惻隠々々|照日|乾哉吾袖|於妹不相為

訓読

菅の根のねもころごろに照る日にも干めや我が袖妹に逢はずして

かな読み

すがのねの|ねもころごろに|てるひにも|ひめやわがそで|いもにあはずして

カタカナ読み

スガノネノ|ネモコロゴロニ|テルヒニモ|ヒメヤワガソデ|イモニアハズシテ

ローマ字読み|大文字

SUGANONENO|NEMOKOROGORONI|TERUHINIMO|HIMEYAWAGASODE|IMONIAHAZUSHITE

ローマ字読み|小文字

suganoneno|nemokorogoroni|teruhinimo|himeyawagasode|imoniahazushite

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

略体|枕詞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

すがのねの,[寛]すかのねの,
ねもころごろに,[寛]しのひしのひに,
てるひにも,[寛]てらすひに,
ひめやわがそで,[寛]ほすやわかそて,
いもにあはずして,[寛]いもにあはすして,

巻数

第12巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました