万葉集3068番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3068番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3068番について

歌番号

3068番

原文

水茎之|岡乃田葛葉緒|吹變|面知兒等之|不見比鴨

訓読

水茎の岡の葛葉を吹きかへし面知る子らが見えぬころかも

かな読み

みづくきの|をかのくずはを|ふきかへし|おもしるこらが|みえぬころかも

カタカナ読み

ミヅクキノ|ヲカノクズハヲ|フキカヘシ|オモシルコラガ|ミエヌコロカモ

ローマ字読み|大文字

MIZUKUKINO|OKANOKUZUHAO|FUKIKAHESHI|OMOSHIRUKORAGA|MIENUKOROKAMO

ローマ字読み|小文字

mizukukino|okanokuzuhao|fukikaheshi|omoshirukoraga|mienukorokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

植物|恋情|序詞

校異

特に無し

寛永版本

みづくきの,[寛]みつくきの,
をかのくずはを,[寛]をかのくすはを,
ふきかへし[寛],
おもしるこらが,[寛]おもしるこらか,
みえぬころかも[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました