万葉集2915番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2915番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2915番について

歌番号

2915番

原文

妹登曰者|無礼恐|然為蟹|懸巻欲|言尓有鴨

訓読

妹と言はばなめし畏ししかすがに懸けまく欲しき言にあるかも

かな読み

いもといはば|なめしかしこし|しかすがに|かけまくほしき|ことにあるかも

カタカナ読み

イモトイハバ|ナメシカシコシ|シカスガニ|カケマクホシキ|コトニアルカモ

ローマ字読み|大文字

IMOTOIHABA|NAMESHIKASHIKOSHI|SHIKASUGANI|KAKEMAKUHOSHIKI|KOTONIARUKAMO

ローマ字読み|小文字

imotoihaba|nameshikashikoshi|shikasugani|kakemakuhoshiki|kotoniarukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋愛

校異

特に無し

寛永版本

いもといはば,[寛]いもといへは,
なめしかしこし,[寛]なけれかしこし,
しかすがに,[寛]しかすかに,
かけまくほしき[寛],
ことにあるかも,[寛]われにあるかも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました