万葉集2890番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2890番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2890番について

歌番号

2890番

原文

夜干玉之|夜乎長鴨|吾背子之|夢尓夢西|所見還良武

訓読

ぬばたまの夜を長みかも我が背子が夢に夢にし見えかへるらむ

かな読み

ぬばたまの|よをながみかも|わがせこが|いめにいめにし|みえかへるらむ

カタカナ読み

ヌバタマノ|ヨヲナガミカモ|ワガセコガ|イメニイメニシ|ミエカヘルラム

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|YONAGAMIKAMO|WAGASEKOGA|IMENIIMENISHI|MIEKAHERURAMU

ローマ字読み|小文字

nubatamano|yonagamikamo|wagasekoga|imeniimenishi|miekaheruramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よをながみかも,[寛]よをなかみかも,
わがせこが,[寛]わかせこか,
いめにいめにし,[寛]ゆめにゆめにし,
みえかへるらむ[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました