万葉集3030番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3030番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3030番について

歌番号

3030番

原文

念出而|為便無時者|天雲之|奥香裳不知|戀乍曽居

訓読

思ひ出でてすべなき時は天雲の奥処も知らず恋ひつつぞ居る

かな読み

おもひいでて|すべなきときは|あまくもの|おくかもしらず|こひつつぞをる

カタカナ読み

オモヒイデテ|スベナキトキハ|アマクモノ|オクカモシラズ|コヒツツゾヲル

ローマ字読み|大文字

OMOHIIDETE|SUBENAKITOKIHA|AMAKUMONO|OKUKAMOSHIRAZU|KOHITSUTSUZORU

ローマ字読み|小文字

omohiidete|subenakitokiha|amakumono|okukamoshirazu|kohitsutsuzoru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情|序詞

校異

特に無し

寛永版本

おもひいでて,[寛]おもひてて,
すべなきときは,[寛]すへなきときは,
あまくもの[寛],
おくかもしらず,[寛]おくかもしらす,
こひつつぞをる,[寛]こひつつそをる,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました