万葉集3020番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3020番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3020番について

歌番号

3020番

原文

斑鳩之|因可<乃>池之|宜毛|君乎不言者|念衣吾為流

訓読

斑鳩の因可の池のよろしくも君を言はねば思ひぞ我がする

かな読み

いかるがの|よるかのいけの|よろしくも|きみをいはねば|おもひぞわがする

カタカナ読み

イカルガノ|ヨルカノイケノ|ヨロシクモ|キミヲイハネバ|オモヒゾワガスル

ローマ字読み|大文字

IKARUGANO|YORUKANOIKENO|YOROSHIKUMO|KIMIOIHANEBA|OMOHIZOWAGASURU

ローマ字読み|小文字

ikarugano|yorukanoikeno|yoroshikumo|kimioihaneba|omohizowagasuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

地名|奈良|序詞|尫柜蹋|恋愛

校異

及->乃【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

いかるがの,[寛]いかるかの,
よるかのいけの[寛],
よろしくも[寛],
きみをいはねば,[寛]きみをいはねは,
おもひぞわがする,[寛]おもひそわかする,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました