万葉集2877番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2877番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2877番について

歌番号

2877番

原文

何時奈毛|不<戀>有登者|雖不有|得田直比来|戀之繁母

訓読

いつはなも恋ひずありとはあらねどもうたてこのころ恋し繁しも

かな読み

いつはなも|こひずありとは|あらねども|うたてこのころ|こひししげしも

カタカナ読み

イツハナモ|コヒズアリトハ|アラネドモ|ウタテコノコロ|コヒシシゲシモ

ローマ字読み|大文字

ITSUHANAMO|KOHIZUARITOHA|ARANEDOMO|UTATEKONOKORO|KOHISHISHIGESHIMO

ローマ字読み|小文字

itsuhanamo|kohizuaritoha|aranedomo|utatekonokoro|kohishishigeshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

恋情

校異

戀奈毛->戀【西(訂正)】【紀】【細】【温】

寛永版本

いつはなも,[寛]いつとなも,
こひずありとは,[寛]こひすありとは,
あらねども,[寛]あらねとも,
うたてこのころ,[寛]うたたこのころ,
こひししげしも,[寛]こひのしけきも,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました