万葉集2916番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2916番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2916番について

歌番号

2916番

原文

玉勝間|相登云者|誰有香|相有時左倍|面隠為

訓読

玉かつま逢はむと言ふは誰れなるか逢へる時さへ面隠しする

かな読み

たまかつま|あはむといふは|たれなるか|あへるときさへ|おもかくしする

カタカナ読み

タマカツマ|アハムトイフハ|タレナルカ|アヘルトキサヘ|オモカクシスル

ローマ字読み|大文字

TAMAKATSUMA|AHAMUTOIFUHA|TARENARUKA|AHERUTOKISAHE|OMOKAKUSHISURU

ローマ字読み|小文字

tamakatsuma|ahamutoifuha|tarenaruka|aherutokisahe|omokakushisuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

たまかつま[寛],
あはむといふは[寛],
たれなるか[寛],
あへるときさへ[寛],
おもかくしする,[寛]おもかくれする,

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました