万葉集3192番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3192番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3192番について

歌番号

3192番

原文

草蔭之|荒藺之埼乃|笠嶋乎|見乍可君之|山道超良無|[一云|三坂越良牟]

訓読

草蔭の荒藺の崎の笠島を見つつか君が山道越ゆらむ|[一云|み坂越ゆらむ]

かな読み

くさかげの|あらゐのさきの|かさしまを|みつつかきみが|やまぢこゆらむ|[みさかこゆらむ]

カタカナ読み

クサカゲノ|アラヰノサキノ|カサシマヲ|ミツツカキミガ|ヤマヂコユラム|[ミサカコユラム]

ローマ字読み|大文字

KUSAKAGENO|ARAINOSAKINO|KASASHIMAO|MITSUTSUKAKIMIGA|YAMAJIKOYURAMU|[MISAKAKOYURAMU]

ローマ字読み|小文字

kusakageno|arainosakino|kasashimao|mitsutsukakimiga|yamajikoyuramu|[misakakoyuramu]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|地名|羈旅|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

くさかげの,[寛]くさかけの,
あらゐのさきの[寛],
かさしまを[寛],
みつつかきみが,[寛]みつつかきみか,
やまぢこゆらむ,[寛]やまちこゆらむ,
[みさかこゆらむ][寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました