万葉集2985番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2985番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2985番について

歌番号

2985番

原文

梓弓|末者師不知|雖然|真坂者<君>尓|縁西物乎

訓読

梓弓末はし知らずしかれどもまさかは君に寄りにしものを

かな読み

あづさゆみ|すゑはししらず|しかれども|まさかはきみに|よりにしものを

カタカナ読み

アヅサユミ|スヱハシシラズ|シカレドモ|マサカハキミニ|ヨリニシモノヲ

ローマ字読み|大文字

AZUSAYUMI|SUEHASHISHIRAZU|SHIKAREDOMO|MASAKAHAKIMINI|YORINISHIMONO

ローマ字読み|小文字

azusayumi|suehashishirazu|shikaredomo|masakahakimini|yorinishimono

左注|左註

一本歌曰|梓弓|末乃多頭吉波|雖不知|心者君尓|因之物乎

事項|分類・ジャンル

枕詞|弓|枕詞|恋情

校異

吾->君【類】【紀】【細】

寛永版本

あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,
すゑはししらず,[寛]すゑはししらす,
しかれども,[寛]しかれとも,
まさかはきみに[寛],
よりにしものを[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました