万葉集3092番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3092番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3092番について

歌番号

3092番

原文

白檀|斐太乃細江之|菅鳥乃|妹尓戀哉|寐宿金鶴

訓読

白真弓斐太の細江の菅鳥の妹に恋ふれか寐を寝かねつる

かな読み

しらまゆみ|ひだのほそえの|すがどりの|いもにこふれか|いをねかねつる

カタカナ読み

シラマユミ|ヒダノホソエノ|スガドリノ|イモニコフレカ|イヲネカネツル

ローマ字読み|大文字

SHIRAMAYUMI|HIDANOHOSOENO|SUGADORINO|IMONIKOFUREKA|IONEKANETSURU

ローマ字読み|小文字

shiramayumi|hidanohosoeno|sugadorino|imonikofureka|ionekanetsuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|地名|動物|恋情|序詞

校異

特に無し

寛永版本

しらまゆみ[寛],
ひだのほそえの,[寛]ひたのほそえの,
すがどりの,[寛]すかとりの,
いもにこふれか,[寛]いもにこふれや,
いをねかねつる[寛],

巻数

第12巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました