万葉集2694番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2694番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2694番について

歌番号

2694番

原文

足日木之|山鳥尾乃|一峰越|一目見之兒尓|應戀鬼香

訓読

あしひきの山鳥の尾の一峰越え一目見し子に恋ふべきものか

かな読み

あしひきの|やまどりのをの|ひとをこえ|ひとめみしこに|こふべきものか

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマドリノヲノ|ヒトヲコエ|ヒトメミシコニ|コフベキモノカ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMADORINONO|HITOKOE|HITOMEMISHIKONI|KOFUBEKIMONOKA

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamadorinono|hitokoe|hitomemishikoni|kofubekimonoka

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

枕詞|動物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あしひきの[寛],
やまどりのをの,[寛]やまとりのをの,
ひとをこえ[寛],
ひとめみしこに[寛],
こふべきものか,[寛]こふへきものか,

巻数

第11巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました